冬といえばやっぱりマックのグラコロだ

コンビニ食の記事を書くことが最近多くなっていたけれど、今週はあえてコンビニ食ではないものを買ってみた。

今回、私が買ったものはマクドナルドのグラコロ。

マクドナルド・グラコロ

マクドナルドでは毎年この時期になるとグラコロが期間限定メニューとして登場するわけなのだけど、今回買ったグラコロが2023年初のグラコロというわけではない。

グラコロが発売開始になった週にグラコロを一度食べてるんだけど、家族でわいわいしながら食べていたので撮影するという概念をすっかり忘れていたのだった。

ということで2度目のグラコロはちゃんと撮影しておいたぞー!

グラコロ・包装紙を外した状態

大量のキャベツの千切りにクリーミーなグラタンコロッケ、そしてふわふわのパン。
私の雑な撮影能力のせいでうまく伝わる気がしないけれど、美味しくなれる要素しかないのがグラコロなのです。

ホワイトソースのまろやかさに、タルタルソースとソースが合わさっているのが個人的にもう大好き。
あっという間に胃袋に消えていってしまった。

ところで、マクドナルドのグラコロはもうかなり前から冬の期間限定メニューとして存在していた。

気がついたら毎年冬にグラコロを食べていた気がしたけれど、そういえばいつからグラコロを食べていたか思い出せない。

こんな時はネットで調べてみるに限る!と思って検索してみたらWikipedia先生にグラコロのページが存在していた。

グラコロ・Wikipedia

Wikipediaによると、発売開始になったのは1993年4月(7割の店舗で販売)らしい。あれ、最初は冬限定の商品じゃなかったんだね?

そして、「グラコログラコロ~♪」できっと頭の中にメロディが流れる人も多いであろうCMで使われているあの曲の作曲があの菅野よう子さんだったことを初めて知った。
菅野よう子さんの楽曲はアニメやドラマのBGMで馴染みがあるのだけど、まさかこんな身近に菅野さんの曲が使われているなんて驚きしかない。

あれ、なんだか話がオタク方面に脱線しそうだな…時を戻そう(?)

グラコロ、私の周り(リアル)にあまり好きな人がいなくて、そんなに人気ないのかな?なんて漠然と思っていたけれど、Wikipediaを見ていたら全くそんなことはないことがわかってちょっと安心した。
冷静に考えたらここしばらくは毎年冬の定番状態だから、人気が無いわけはないんだけどね。

2023年のグラコロには濃厚ビーフハヤシグラコロというバリエーションもあるので、こちらも取り扱いのあるうちに挑戦しておきたい。

それでは、また。