「ねぎし」で牛タンを食べてきた

先日、秋葉原に遊びに行ってきた。

秋葉原・中央通りの景色

秋葉原にはたくさんのホビーショップや電器店があるだけではなく、さまざまなお食事処がある。

ただ、秋葉原には年に数回程度しか行かないので、食事をしようとなるとどうしてもいつも行きがちなお店に足が向かってしまう。

今回足を運んだ、いつものお食事処は「ねぎし」という牛タンのお店。

ねぎし(公式サイト)

公式サイトを見る限り、東京・神奈川・埼玉に店舗があるようなので、関東圏に縁がないと知らないお店かもしれないね。

私は仙台に行ったことがないので、仙台の牛タンを現地で食べたことがなく(いただき物の冷凍品は食べた経験有り)正解をあまりわかっていないけど、おそらく本場で食べられるような牛タンを都心で食べることのできるお店なのだと思っている。

今回食べたのは白たんと赤たんがセットになった「まるねセット」。

ねぎし・まるねセット

薄くてやわらかくて食べやすい白たんと、白たんより肉厚で噛みごたえのある赤たん2種類が楽しめるので、同じタンでも違いを楽しめるのが良き。

そして美味しいのはタンだけではないのだ。

あっさりしたスープにテール肉とネギがマッチしているテールスープに、ご飯が止まらなくなる青菜漬け(おみ漬けという名称らしい)&青唐辛子みそ漬けの南蛮漬けといった脇役たちもメインを引き立ててくれる。

そして、麦めしにかけるとろろが本っっっ当に(強調)おいしいんだよね。

こってりお肉にさっぱりとろろご飯の相性が最高すぎて、とろろご飯食べたさにねぎしに行ってるといっても過言ではないかも。

ねぎしではご飯のおかわり自由なので、2.5杯ほど食べちゃった。

とろろでご飯を流し込めちゃうから、そんなにご飯を食べた気がしないのは果たしていいのか悪いのかw 

そして、いわゆるピークタイムを外して食べたのも影響しているかもしれないけど、店員さんの心配りと目配りが行き届きすぎてるのもねぎしの素敵なところ。

荷物を入れるカゴをさっと出したり、汚れないようにカバーをかけてくれたり、お茶やご飯がなくなるとこちらが呼ぶ前に気付いてくれるので、おかわり制度のあるお店でありがちな「おかわりしたいけど店員が気付いてくれない問題」がほぼ皆無でとても快適。

なんだかそんなに高級メニューを頼んだわけじゃないので、ちょっと申し訳なさも感じたけれど、ストレスフリーで過ごすことができて本当に良かった。

昨今のご時世だからか値上げしちゃってて、なかなかちょくちょく行くのは難しいところではあるのだけど、また東京エリアに出掛けるときは、ねぎしで食べたいな。

それでは、また。