念願のアンバサダーホテルは雪とともに

2024年2月、千葉県の舞浜にあるディズニーアンバサダーホテルに行ってきた。

ディズニーアンバサダーホテル【公式】

アンバサダーホテルに限らずディズニーホテルってなかなか予約が取れないイメージがあるし、実際好奇心からふらっと検索してもほぼどこも満室…という状態のことが多い。

しかし、今回ダメ元で空室がないか調べてみたところ奇跡的にアンバサダーホテルの予約を取ることができた。

近付いてくる宿泊日をわくわくしながら待つ…はずだったのだが、宿泊日を狙うかのように近付いてきたものが。

それは関東地方への大雪予報。

週間予報で雪だるまが表示されていても、いざとなると雨予報に変わることも多いため、今回もそうなるでしょ〜と楽観視していたのだが、日が近づくにつれ首都圏への積雪は避けられないとの予報に。

予約のキャンセルも考えたものの、降雪が本格化するのが夕方以降の可能性が高いとの予報が出ていて、その頃には舞浜に到着できる計画を組んでいたため、電車が動けば…という前提はあるものの決行することにした。

電車は特に遅れることもなく無事舞浜に着いたのだが、予報通り雪はしっかり降り始めていた。

舞浜駅からアンバサダーホテルへは、イクスピアリという商業施設を通り抜けて行くことができるのだけど、場所によっては雪でうっすら白くなり始めているところがあって、本当に首都圏に雪がしっかり降るんだ…と実感。

イクスピアリから見た2024年2月の雪景色

そしてチェックインを済ませて、念願のアンバサダーホテルの客室へ。

宿泊した部屋はスタンダードルームという一番価格帯の低いお部屋。
さらに外装工事中のエリアということで、窓から外を見ることはできない仕様になっていた。

レトロな雰囲気のミッキーやミニーが壁紙にも散りばめられていて、(単純に外の様子が見えないのもあるけれど)雪の存在を一瞬忘れてしまう勢いでテンションが上がったな。

ディズニーアンバサダーホテル・スタンダードルームに飾れていたミッキーマウスの絵

洗面所エリアにトイレとバスルームがそれぞれ独立した状態で設置されているのだけど、トイレ&バスルームの扉には「ファンタジア」に出てくる箒(ほうき)が描かれていて、ほうきかわいい!と出入りするたびに思ったりした。

ディズニーアンバサダーホテル・スタンダードルーム浴室のドア

窓から景色が見えないので外の状況をうかがい知ることはできなかったけれど、時々雷の音が聞こえたりして普通の天気ではないことはなんとなく察しながら、翌日に備えて就寝。

翌朝はディズニーランドに向かう計画を組んでおり、さっと準備して片付けしてアンバサダーホテルから出てきてしまったために、アンバサダーホテルの外観の写真を前日夜の晩御飯の時にさっと撮影したやつしか残してなかったのが悔やまれる…しかも地味にピンボケしてるし。苦笑

雪の中のディズニーアンバサダーホテル外観

なかなか泊まりがけで舞浜に行く機会も少ないけれど、また機会があればアンバサダーホテルでも他のホテルでもいいのでディズニーホテルに滞在してみたい。

そして、今度は天気がもう少しいい時に行けたらいいな。

それでは、また。