セブンイレブン・麺フェスの肉うどんを食べてみた

セブンイレブンに行ってみたら、気になるフェアを開催していることに気が付いた。
フェアの名前は「熱狂麺フェス」。いろいろな麺類のメニューがラインナップされているようだった。

セブンイレブンに行った前の日の晩、ラーメンを作る系のNintendo Switchゲームの体験版を遊んでいて、ラーメンの食べたさがとても強くなっていたので、迷うことなく麺フェスのラインナップが並んでいるところに吸い寄せられるように向かっていった。

そんな私が選んだのは「千とせ」の肉うどん。

うん、ラーメンじゃないね、うどんだね。

仕方がないんだ、肉うどんが美味しそうに見えてしまってラーメンたべたいの気持ちが飛んでいってしまったんだ。

セブンイレブン麺フェス・千とせの肉うどん開封前

しれっと、お値引きされたものをチョイスしているが、エコのためです(多分違う)。

ところで、「千とせ」は大阪難波・千日前にある肉吸いが名物のお店なのだそう。

名物!肉吸い「千とせ」(公式サイト)

肉吸いは肉うどんのうどんの代わりに半熟玉子が入っていて、玉子かけご飯や白ご飯と一緒に食べるものみたい。
なんばグランド花月1階や近くに店舗があるので、吉本の芸人さんの話で肉吸いの存在を聞いたことがあるかもしれない。

で、今回食べたのがうどんが入っている肉うどん(とても当たり前のことを言っている気がする)。

セブンイレブン麺フェス・千とせの肉うどん食事前

レンチンして、容器内のトレー上部に乗っていた麺と具材をスープ(出汁)に入れると、まさにザ・肉うどん。

牛肉に青ネギというシンプルな具材なんだけど牛の脂がいい感じに乗っていて、食べたいと思った肉うどんがそこにあった。

そして、個人的にうどんの印象を大きく左右すると思っているのがスープの存在。

千とせが大阪のお店なので当然といえば当然なのだけど、スープは色の薄い関西風。
私が関西出身で、関西風のスープの方が馴染みはあるというものあるだろうけど、期待を裏切らないほっこりする味わい。

関東風の色の濃いスープもそれはそれで好きなのだけど、関東においてザ・関西風のうどんを食べる機会はなかなか無かったりするので、本当にセブンイレブンさんありがとう!みたいな気持ちになって無心で食していたら、気付くとスープをすべて飲み干していた。

お肉もネギもうどんもどれも美味しくて、なかなか難波エリアに行く機会はないけれど、いつか本家千とせさんで食べてみたいな。

他の麺フェスのメニューも食べたいな…と思っていたのだけど、もう次のフェアが始まってしまったみたいで、セブンイレブン公式サイトからは麺フェスお知らせページも削除されていたのでもう見納めなのかも。

もっと色々食べておけば良かったけど、タイミングが合わなかったから仕方ないね。

気持ちを切り替えて、次のフェアも何か食べてみよう。

それでは、また。