セブンイレブンのビリヤニが復刻したので再び食べてみた

2023年、セブンイレブンのフェアメニューをいろいろ食べてきたけれど、一番買うまでの熱量が高かったのが「エリックサウス監修ビリヤニ」だったと思う。

エリックサウス監修ビリヤニは、2023年8月にセブンイレブンで「カレーの祭典」を開催した時のラインナップに入っていて、あまりに美味しそうな見た目にこれは食べなきゃ駄目だ!と思ってしまったのだった。

普段仕事のない日のお昼にコンビニ飯を食べがちなのだけど、ビリヤニは仕事帰りの晩御飯に食べたので、どんだけ心惹かれたんだという話なのだけども。

ビリヤニ、食べて美味しかったなと思ったんだけど、カレーの祭典では他にも魅力的なカレーが色々出ていて、結局一度しか食べることのないままフェア(祭典)が終わってしまった。

もう一度食べたいな…と思っても、コンビニの定番商品でもないものを食べるのは無理だとわかっていたので諦めていたのだけれど。

そんな中、セブンイレブンで始まったのが「2023年大感謝祭・絶品グルメフェア」。

絶品グルメフェア(セブンイレブン公式)

私は絶品グルメフェアの存在をMastodonで知ったのだけれど、絶品グルメフェアのラインナップにあのビリヤニが入っているではないか…!

これはもう一度ビリヤニを食べるしかない!!ということで、発売初日の2023年12月11日に早速ビリヤニを調達した。

セブンイレブン・ビリヤニ(開封前)

そこには8月に楽しんだビリヤニそのままの姿が。

まさか再び食べられると思ってなかったから、とっても嬉しい。

レンチン後に蓋を開けてみるとまさに「ただいまビリヤニ」という気持ちに。

セブンイレブン・ビリヤニ(開封後)

ビリヤニは今回のものを8月に食べたのが人生初で、カレーにインドのお米(バスマティ米)がセットになったものかと思っていたのだけど、本来はお米部分のところがビリヤニで、カレーが必ずしも付属するものではないらしい。知らなかった。

ビリヤニ・Wikipedia

エリックサウス監修ビリヤニは、スパイシーながらどこか甘みを感じるチキンカレーと、まろやかなバターチキンカレー、そして細長くてパラパラした食感のバスマティ米のセットになっている。

今回はいわゆるビリヤニとしてもちゃんと食べなくては!という気持ちになったので、ライス部分だけでも食べてみたけれど、ライス単独でも全然おいしい。おいしかったんだね。

もちろんカレーと食べるのも美味しく、カレーが2種類あるので味を変えつつ食べられるのがとても最高。

あっという間にライスが無くなってしまいルーが余っちゃったので、炊飯器のご飯をちょろっと足して食べたのは秘密にしておこう(?)。

8月に食べた時は、話題になっているものを食べたぞ!の印象が強くなってしまった味そのものの感想がやんわりとしたものになっていた。
しかし、再度ビリヤニを食べることであらためてこんなに美味しいものをコンビニで食べることができてありがとう…と思うことが出来たかもしれない。

またビリヤニを食べられて良かったけれど、できればもう一度ビリヤニを堪能したいな。

それでは、また。