2023年が終わるので

ブログ全体で考えるとこの記事が2023年ラストになりそうなので、振り返りとちょっとしたご挨拶みたいなものを。

2023年はSNSやブログなどの自分が発信する場所を大幅に拡充した1年だったと思う。

SNSは軽い興味から再び始めたMastodonにハマり、MisskeyやCalckey(Firefish)といったMastodonと相互に繋がることができるSNSにも手を出したことが一番大きな出来事だった。

数え切れないほどのアカウントを作り、数え切れないほどじゃないアカウントを無に帰したりもしたけれど、こんなに数多くのSNSアカウントを登録したりやめたりしたのは初めてのことだったと思う。

MastodonやMisskeyには沼といえるレベルで楽しんだ一方で、誰かのネガティブな投稿にショックを受けたり、好感を持っていたアカウントからフォローを外されたり相互関係になれず落ち込んだり、一部界隈のノリや企画に乗ることができず、さらに乗れない自分にへこむ…といった良くない感情を持つことも最近は増えているかもしれない。

理由は単純であり「のめり込みすぎ」の一言に集約されるものではあるので、これからはSNSを見すぎないようにすることが課題なのかもしれないと思う。

そして、ブログについてはメインブログに加えて日常ミニブログにプロフィールページを組み込んだWordpressサイト(ここ)の立ち上げ、さらに完全壁打ちのマイクロブログ的立ち位置としててがろぐページを立ち上げたのが大きな出来事。

日常ブログもてがろぐも、反応を求めず淡々と自分の書きたいことを書く場所として定着しつつある気がするので、2024年も同じような感じで続けていけたらいいなと思う。

一方でメインブログは記事を書く熱量がアップしたのに反して、Googleのコアアプデで検索流入が激減してしまったために、方向性が迷子になったままになっている。

とりあえずは書きたいことを書いておくスタンスで数記事はアップしたけれど、この先も気まぐれに書きたいことを書き続けるか、カテゴリーをある程度決めて書くか、まだ答えは出ていない。

書きたいことがないわけじゃないから、色々書いているうちに方向性が見えてくるといいな。

おおむね楽しく過ごすことができた2023年は、インターネットの力が大きかった気がしている。

2024年もインターネットをうまく活用しつつ、ただ依存状態にならないような距離感を考えつつお世話になっていけたらいいですね。

ここまで見てくださった方、2023年はありがとうございました。駄文の数々を見ていただき、感謝以外の言葉がありません。

そして、できれば2024年もよろしくね。

それでは、また。